markus-winkler-804098-unsplash
前回の記事で記載しましたが、私はワーホリでは日本食レストランで働いていました。

 

当初は、ずっと現地のカフェで働きたいと思っていたのですが、能力等で達成できず。。。

では、日本食レストランで働いて結局どうだったのでしょうか。

 

その経験を今回は書きたいと思います。

 

職場環境(同僚とか)は?

オーナーは中華系のカナダ人で、あとは全員日本人です!

そのため、お客さんの前以外は、日本語でのコミュニケーションとなります。

 

それが当初は嫌だったのですが、働いて見るとこの環境には助けられました。

 

レジの使い方や、メニューの説明の仕方、お店のルール等を初めに教えてもらうのですが、覚えることが多くて日本語でも苦労します。

 

これが、全て英語だったらと思うと、対応できたのかなぁという疑問は正直ありますね。

 

同僚の日本人の方はほとんどがワーホリで来ている人なので、環境が似ている分、相談しやすいことや、刺激をもらえることは多かったです。

 

例えば、現地のお客さんの難しそうな質問にもしっかりと対応している姿など見ていると、自分ももっと英語頑張らなきゃと思うことはありました。

 

また、ワーホリで来ている人ばかりなので、毎月帰国のため何人かは辞めて、何人かは入ってくるという感じで人の変動は多くて、色々な人と知り合いになりました。

 

仕事で英語は使うの?


お店によって異なりますが、私が働いていたレストランでの仕事は大きく分けて3つありました。

 

キッチン、ホール、お皿洗いです。

 

私はホールだったのですが、お客さんとの対応は基本英語です。

 

日本食レストランには日本以外のお客さんも多いので(というか日本人はそんなに来ませんでしたね)、英語での接客は必須です。

 

また、メニュー表に写真もなく、海外のお客さんにとっては馴染みのない料理も多いため、メニューに関して内容を聞かれることはよくあります。

 

もちろん、あらかじめ暗記しておくのですが、想定外の質問されることもあり、そういうときは、焦りますが、いい勉強にはなると思いました。

 

ただ、使用する英語表現は限られているので、働けばどんどん英語が向上していくという風にはならないと思います。

やはり目的に合わせたそれ以外の勉強も必要ですね。

 

一方で、キッチン、お皿洗いはほとんど英語を使用しません。

オーナーがカナダ人なので、オーナーとのコミュニケーションは英語になりますが、それ以外は全て日本語でした。

 

お給料は?

私の働いていたお店は、チップも従業員で分配してもらえたので、結構給料はよかったと思います。

 

正確な額は忘れてしまいましたが、日本で同じ時間バイトするよりも、給料はいいと思ったことはよく覚えています。

 

ただ、これこそ本当にお店によりますね。。。

 

日本食レストランでのバイトはおすすめできる?

日本食レストランでも、そんなに悲観的にならなくていいと思います。

 

現地で、日本のワーホリの方に会うと、英語の向上のため絶対に日本食レストランでは働かないと決心している人は結構います。当初の自分もそんな感じでした。

 

ただ、実際に働いてみると、英語を使う機会もしっかりとありましたし、色々な経験ができることも確かです。

 

例えば、日本でラーメン屋でバイトしている人が、カナダにある日系ラーメン屋でバイトしたとして、同じラーメン屋で従業員はどちらも日本人だとしても、全く別の経験ができると思います。

 

お客さんや、メニュー、給与システム、同僚の背景など違いますからね。

 

それに、私の場合は働かなきゃ生活できなかったんですけどね。。。

 

なので、生活のためと割り切って働いて、お金を貯めて、学校に行くやらで英語を勉強するというのも手かもしれませんね。

 

なんにせよ、せっかく現地でも働くことのできるビザなので、経験として働いてみることは、猛烈におすすめします!