architecture-buildings-city-947384
せっかくイギリスに滞在しているということで、イギリスから日本へポスカードを送ってみました。

 

そこで今回は、どのように送付したのか、その際にどのような英語を使ったのか等を紹介したいと思います。もっとスマートな方法もあるかもしれませんが、無事日本に送れたのでOKですかね。。。

 

ポストカードはどこで買えるの?

ロンドンでしたら、街中の様々なところに売っていますね。特に、美術館や博物館ですと綺麗な絵葉書も買えるかもしれません。

ただ、私は少し田舎の方に住んでいて、ロンドンなどと比べると売っている場所は少ないです。それでも、種類は少ないですが、郵便局や大学でも買うことができます。

 

どの切手を買えばいいの?どのようにハガキに貼るの?

これに関しては、郵便局で直接確認しました。

 

その際に、使用した英語が下記です。

 

I would like to send the post card to Japan. So, what kind of stamps should I buy?

このポストカードを日本に送りたいです。どの切手を買えばいいですか?

 

これでAir mailと書かれたシールと、切手(これもシール)をもらえたのですが、貼り方がわからない。。。

 

ということで、下記のように伺いました。

 

Where should I put the stamps?

どこに貼ればいいの?

すると、丁寧に教えて頂けたので、実際にどのように貼ったのか写真を張りますね。

 s_手紙

右上から時計回りに説明します。

①郵便局で買った切手(シール)を貼ります。
②送付先の住所を書きます。日本語で、日本と同じように書きましたが、問題ありませんでした。
③住所の下に赤字で大きくJAPANと書きます。これが重要なようで、これははっきり目立たせましょう。
Air mailと書かれたシールを貼ります。このシールも郵便局で買ったものです。
⑤向かって左側はフリースペースなので、メッセージを書きましょう。

 

このような形で無事送付することができました。

 

ちなみに、もし日程を確認したかったら下記のような言い回しでも通じると思います。

 

How long will it take to Japan?

日本までどのくらいかかるの?

 
私の場合は、45日程度で日本に届いたと思います。


番外編
現在、学生寮に住んでいるのですが、銀行等から手紙等が届くことが時々あります。

そういうときは、受付に行って、自分の手紙や荷物を引き取るのですが、意外と何て言っていいかわからなくてモゴモゴすることもあったのですが、そういうときの言い回しも覚えたので、紹介したいと思います。

 

I’m here to pick up my package.

荷物を引き取りにきました。

 

全く難しい表現もないのですが、使う機会がないと言えないものですね。海外生活のいい所はこういう日常会話も学んでいけるところかもしれません!

また、海外の生活の中で学んだ表現等があれば、紹介したいと思います!