background-1776042_1920
もう年が明けてから半月が経ちますね。

 

そんな中で少し古い話題になりますが、イギリスでのクリスマスの体験について書こうと思います。

 

まず、イギリスの大学は12月中旬ごろから冬休みに突入します。

そして、1月の上旬~中旬ごろより授業が始まります。

 

なので、中々の長期休みとなるため、ヨーロッパからの留学生やイギリス国内の学生は実家に帰る人が多いですね。中国人のクラスメイトも結構帰る人が多かったです。

 

私も1年の滞在ではなく、4年間の留学とかだったら、年末は日本に帰国とかするかもしれません。ただ、大学院は1年の滞在なので、帰国は全く考えていませんでした。

それに、年末の飛行機は高いですからね。

 

では、私は何をしたかというとクリスマスはホームステイを体験しました!

なので、今回はその体験について書きます!

 

クリスマスでのホームステイを決めた理由

・貴重な体験

留学が終わり、日本に帰国して給料がよくて、有給がとりやすい会社に入社できたらクリスマスにヨーロッパ旅行することは、いつかできるかもしれません。
しかし、イギリスの一般家庭にお邪魔して、一緒にクリスマスを祝うという体験はこのような長期滞在をしているときくらいしかチャンスがないのかなぁと思います。
なので、すごく貴重な体験だと思ったのです。

 

・英語の勉強

過去のブログにも書きましたが、私の通っているコースはほとんどが中国の方で、英語より中国語を聞いている時間のほうが長い可能性があるほど。
数日ですが、ホームステイを通してがっつりネイティブの方と会話することは英語力を上げる上で重要だと思ったのです。

 

・費用

いくら貴重な体験であったり、英語の勉強になったとしてもホームステイが非常に値段の高いものだったら、行かなかったと思います。
今回、私は大学から紹介されたサービスを利用してのホームステイということで、費用はほとんどかかりませんでした。実際にかかった費用といえば、ステイ先への交通費とお土産費用くらいです(100ポンドくらい)。
これも大きい要素ですね。

 

ホームステイの流れ

私はHOST UKというサービスを利用しました。
http://www.hostuk.org/

 

申し込みの流れとしては、自分の情報を入力して、希望日を入力、そうするとコーディネーターさんがステイ先を紹介してくれて、問題なければOKということです。
あとは、ステイ先と直接連絡を取り合って細かい時間(到着時刻など)を話し合います。

 

個人情報は住んでいる場所等の基本的なものから、アレルギー、食べ物の好き嫌い、ペットはOKか、宗教について、どのくらいの距離なら移動できるのか(遠すぎると交通費が高くなりますからね)などの質問がありました。

 

ちなみに、場所は選べません。もちろん、交通費がかからないように住んでるところから近場がいいなどは選べますが、ロンドンがいい!マンチェスターがいい!などの具体的な要求は無理っぽいです。

 

ホームステイの感想

月並みの感想ですがすごく充実して楽しかったです!

24日~27日の滞在だったのですが、この日数もよかったように思います。

あんまり長いと向こうの家族にうざがられるかもしれませんし、短すぎるとほとんど交流できないこともありますからね。

 

ドラマや映画でみたようなクリスマスも味わえましたし、英語の勉強にもなりました。

私の英語はステイ先のご夫婦には結構伝わるのですが、娘さんたちには伝わらないことが多く、
自分の発音はまだまだ未熟なんだなーと思い知らされもしました。

 

また、ステイ先も田舎のほうでしたので、こういう機会がなければ行かなかった場所だと思います。そういう意味でもホームステイはよかったと思います。

 

反省点

娘さんたちは日本文化とかにあんまり興味がないようだったので、こちらからイギリスの若者文化のことなど質問を色々用意しておけばよかったと思いました。
ついついホームステイとなると、自分が主役で質問されまくる前提で身構えてしまいますが、そんなに興味を持ってもらえない可能性もあります。
なので、こちらも相手に興味をもって質問しまくるぞーくらいの意気込みが必要ですね。

 

にしても、楽しいホームステイでまた長期休みがあった日はチャレンジしてみたいです。
ただ、ステイ先の家族によって内容は大きく変わりそうなので、ちょっと怖い気もしますね。。。