burogu6
基本、学校と寮、スーパーの往復なのですが、
ちょいちょい観光もしてまして、今回はバーミンガムについて書きたいと思います。

 

バーミンガムというと、聞いたことがあるけれど、具体的なイメージ(観光名所等)は思い浮かばない方も多と思います。

 

実際に、私もそうでして、ウィキペディアで調べてみると人口はロンドンに次ぐイギリス第二位で、
イギリスでは第二の大都市としての位置づけらしいです。

 

私の住んでいる所からも近いですし、それほどの都市ならば是非とも観光してみよう!とのことで、
昨年末に日帰り観光に行ってきました。

 

バーミンガム美術館


burogu2

バーミンガムサブウエイ駅から近く(徒歩10分以内)にあり、結構大きいです。

ロンドンの大英博物館や近代美術館と比べると、規模も小さく感じられますが、十分大きいですので、もし全部をしっかりみようとすると結構な時間がかかるかもしれません。

というか、大英博物館と比べるのは反則ですよね。

 

ちなみに、お土産コーナーも充実していますので、そこを見るのも結構楽しいです。




バーミンガム市立中央図書館


 burogu3

とてもオシャレな建物があるなぁと思ったら、図書館でした。

ちょっと中に入ってみましたが、広いです!

まぁ、特に何かするわけでもないので、すぐに出ましたけど。

もう少し天気が良ければ、建物の黄色が映えるような気がする!

 

 

バーミンガム大学


burogu4

バーミンガムサブウエイ駅から数駅離れたところにあります。

年末でしたので、キャンパスにはあまり人はいなかったですね。

 

burogu5

お目当てはバーミンガム大学内にあるバーバー美術館。

規模はバーミンガム美術館よりも小さいですが、ゴッホや、ゴーギャンなど美術に詳しくない私でもしっている画家の作品がいくつかありますし、この規模なので、丁寧に観られたような気がします。

人も少なかったですし。

これが、ロンドンにある美術館だとでかすぎるので、
一点一点は結構流し見になってしまったりしてました。。。

 

ちなみに、キャンパス内で道に迷ったのですが、
おそらく学校関係者の方がすごく丁寧に案内して下さいました。

 

ショッピングモール

ショッピングモールブログ

駅内にも、駅から少し離れたところにも大型のショッピングモールがあります。
帰りの電車の時間まで余裕があったので、少し観光したのですが、洋服から雑貨まで色々とありました。

日本でも取り扱っているブランドもあったりします。
ただ、特別イギリスで洋服やら雑貨を買いたい欲はないので、そんなに楽しいものでありませんでした。
買い物をしたい!っていう人だと楽しめるかもしれませんが、そういう人はロンドンに行くような気もします。

なので、実際にバーミンガムやその周辺に住んでいる人のための施設って感じがします。
他の国からの観光客が楽しむって感じではないような気もします。

 

行けなかった場所

他の方のブログ等をみて、興味はありましたが、行けなかった場所として、
チョコレート工場や、ペン博物館などがあります。
特に、チョコレート工場は楽しそうですね。

ただ、一人ではちょっと気まずそう。。。

 

 

最後に

駅周辺に美術館等の観光名所が色々あるので、日帰りでも楽しめる場所だと思います!

また、美術館等だけでなく、洋服や雑貨、お菓子などの買い物をしたいという方も楽しめると思います。

ちなみに、私はバーミンガムから池袋を連想しました。
周辺に住んでいる人にはすごく快適ですし、交通のアクセスもいい。

だけど、遠くから観光にはわざわざいかないような感じですね。

あと、無印もありました!なんかうれしくなりましたね!