photo-1550503194-e24e63cfffa7
留学中には色々な国の人に出会います。
そして、実際に話してみると他の国の素晴らしい点、興味深い点、色々わかります。
だけど、絶対に日本が一番だろうと思えるものもあります。

 

留学中には日本人の方にも会うことたくさんあります。
その中にはすごくイギリスに馴染んでいて、ずっと住みたいって思っている人もいます。
だけど、ある点に関しては、やっぱり日本好き!最高!ってなります。

 

トイレです。それはトイレです!

 

やはり海外で生活していて思うのは、日本のトイレはキレイで、ハイテクだということ。

イギリスに来てから、トイレで一息つこうと思ったことなど一度もありませんが、
日本だとスマホをいじってしまうこともありました。。。

 

ただ、トイレなんてキレイでなくてもいい。ハイテクでなくてもいい。とも同時に思うのです。
むしろ、変に居心地が良すぎたらずっと居座る人も出てしまうかもしれませんからね。

 

しかし、綺麗さ以外にも切実な問題があって、それは数です。

 

日本はどこにでもあるトイレ。その常識は海外だと通じない可能性もあります。

トイレがない駅だってあるかもしれません。あると思っても有料だったりもします。
しかも、おつりはでないというハメ技をきめてくることもあります。

 

なので、行けるときにトイレには行っておこう!というのが、今回のブログの一番伝えたい部分です。

 

美術館・博物館などには基本的にあるので、ロンドンで観光しているときなどはよく利用しましたね。

 

その他にも見つけたらあらかじめ、行っておくといいと思います。

どうせ次の目的地にあるだろう!と思ったらなかったりすることもあるかもしれませんし、

あっても修理中とかちょいちょいあったりしますので。

 

あと、さらに詳細な話しになるのですが、個室の方は一度水を流したら、タンクに水が溜まり終わるまで、次の流しができないタイプばかりです。
なので、個室にはいって汚いと感じ、とりあえず、一旦流したりしたら、肝心の自分のものを流すまでにタンクの水が溜まるのを待つ羽目になることも大いにありえます。
なので、いっぺんに流すことを意識するとスムーズに行くかもしれません。

 

ただ、色々文句を言っていますが、手を乾かす機会はイギリスの方が力が強くいいような気がします!

 

それにしても、私は一体何をブログに書いているのでしょうか。

久しぶりの更新がこれだと片腕で数えられる読者さんが更に減ってしまう気がします。。。

 

ただ、結構重要な情報でもあるのですよ!
授業も終盤に差し掛かってきたので、今後はその辺流れとかも紹介できたらと思います!