2DD53C30-5FEA-4CD6-A184-057988D3683A

1
カ月以上前のことになりますが、ポーランドに行ってきました。

 

目的はアウシュヴィッツに行くことです。

アウシュヴィッツの存在を知ったのはテレビのドキュメンタリーだったのか、映画だったのか、学校の授業だったのか覚えていないのですが、その存在を知ってからずっと気になっていた場所でした。

 

ただ、ポーランドということで日本からは簡単に行けるところではなく、具体的な計画は立ててこなかったのですが、現在イギリスに滞在しているので、この機会を利用してポーランド(クラクフ)旅行の計画を立てたのでした。

 

また、ポーランド(クラクフ)は世界遺産のヴィエレチカ岩塩抗などの観光名所も多数ありますし、物価もイギリスに比べて安いようですし、治安も比較的いいと聞いていたのも理由の一つです。

 

当日は、薄暗いくらいの早朝に寮を出発し、バスに乗ってヒースロー空港へ。

飛行機で印象に残ったのは、機内食でサンドウィッチが出たのですが、隣の席に座る女性客はそのサンドウィッチを開き、食べていたポテトチップスをそこに敷き詰め、またサンドウィッチを閉じ、食べていたことです。最初は「えっ?」と思いましたが、少し美味しそうにもみえます。

 

そして、トランジットをして、最終的にクラクフ空港に着いたのは夕方頃でした。

 

見知らぬ土地に行くときには、絶対に暗くなる前に到着するようにしています。

基本的に怖がりで、方向音痴なので、見知らぬ土地で真夜中に迷子になるという事態を避けるためです。

 

そのせいで、少しチケットが高くなることもありますが、必要経費だと受け止めています。

 
7E434B9D-5046-454D-95DF-3C20A25C378C


クラクフ空港は閑散としており、誰も並んでいないチケット売り場でホテルのある駅までの切符を買います。表示はポーランド語がデフォルトですが、英語にも変更できます。それに、様々なサイトで切符の買い方は勉強していたので割とスムーズに購入できました。そして、迷うことなくホームにも到着。怖いくらいスムーズです。

 

00824913-4488-405B-96F8-05212794CF35

電車も時間通りに着て、無事クラクフ中央駅へ到着。
ちなみに、電車内はすごくきれいだったのですが、電車とか駅とかがキレイだと旅行者には安心感を与えてくれるなぁと思ったりしました。


そして、クラクフ中央駅なのですが、駅ビルがいくつかあってマックなどのファストフード店や洋服屋さんも入っていました。ここの最上階で両替をします。

ポーランドはズロチという紙幣を使っており、ユーロは一部の店でしか利用できないようです。
なので、ここで換金しすぎて帰国時に余らせてもしょうがないので、最低限だけ両替して、あとはカード支払いなどと組み合わせる予定です。
ちなみに、ここまでの電車の切符もカードで買っていました。

 

そして、少しばかりのズロチを持ち、とりあえず荷物を置くためにホテルへ向かって歩き出しました。ここまでは、すごくスムーズでした。本当に怖いくらいにスムーズでした。

 

しかし、ここから私のスーパー方向音痴がさく裂するのでした。