展示物

午前中にヴィエレチカ岩塩抗に行ってきた私。

 

午後は主にクラクフ旧市街を観光予定。

天気は相変わらず良くないですが、テンションは上がっています。

 

ちなみに、旧市街はすごく観光しやすいです。

コンパクトにまとまっているし、道もきれいで、治安の良さも感じます。

方向音痴の自分にも優しいところですね。

 

それに、何と言っても街並みがきれいです。歩いているだけでも楽しい!

 

まずは、クラクフ国立美術館に向かいます。

旧市街から少し離れたところですが、道に迷わずに行けました。

 
美術館

これがその美術館。

雨で傘を持ちながらという姿勢のため、綺麗に撮れず。。。

 

そして、この美術館の最大の目玉はダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」。

事前にネット等で絵のポイントを勉強しており、わくわくしながら展示されている所に向かいます。

 
絵画

階段を上がると、絵が見えてきました!おおっ!これか!と思い、近づいてみましたが、
これは本物ではなく写メ用(SNS用?)の展示物です。

ここで写真を撮っている方も何人かいましたね。

 

自分も撮ってもらいたかったのですが、回りに人はいないので諦めます。

 

そして、本物の「白貂を抱く貴婦人」の展示室へ。

もうすごいです。絵がすごいというより、警備レベルがすごいですね。

 

小さな暗い部屋にこの絵だけが飾っており、絵の前には柵があります。

そして、絵のすぐ側には警備員がいるって感じです。

 

せっかく来たのだからと、警備員の方の視線を感じつつ、数分間ほど柵に近づいたり、離れたりしながら絵を鑑賞します。
このときは、私一人しかいなかったのですが、人が大勢いるとまた雰囲気も違うのでしょう。

 

そして、展示室を後にし、せっかくなので他の展示もみていきます。

特に面白かったのが現代アートの部屋ですね。

 

時間的にも一番長くいたところだと思いますし、満足度は高かったです。

 

そうして、美術館を出て、次の目的地に向かいます!

 
聖堂

聖マリア聖堂です!

外観はそんなに目を引くものではりませんが、中がすごい!派手です!

 

ステンドガラス、装飾品が派手なのです。

ただ、悲しいかな。天気が良くないためステンドグラスの美しさが発揮できていない状況です。
滞在中に天気がいい日があったら、また必ず行こうと心に決めます。

 

そして、また街を歩きます。美しい街並み。

あそこの角を曲がります。すると、また美しい街並み。きれいだなー。

 

そんなことを何度も繰り返していると、気づいてしまいました。

自分がこの街並みに慣れてきていて、もう感動はあまりしなくなっていることに。

 

しかも、小腹が空いてきていて、なおかつ足の疲れも感じ始めてきていました。

時間的にも丁度いいので事前に調べてきたカフェに向かいます。

ケーキが美味しいらしいのです!

 

しかし、お店に着く前に嫌な予感がします。

目的地の前に大勢の人がいるのです。不安な気持ちを抱えたままお店に行くと、不安は的中です。
この大勢の人たちはお店に並んでいる人だったのです。

 

どうしようか。。。並ぶべきか、ただ、ケーキを食べたい気持ちより早く休みたい気持ちが勝り結局スタバに行きます。
安定のスタバです。

 

カフェラテを注文して一息入れます。

落ち着きますねー。

 

ゆっくり休んだあとは、翌日にアウシュヴィッツに行く予定ですので、
そのバス乗り場の確認とチケットの購入をするため駅方面に向かいます。

 

ここら辺の流れは特に問題もなく、スムーズに進みます。

そして、その後は織物会館などの観光し、体も疲れてきたので帰宅することにしました。

 

夕食は結局昨日と同じカフェでパンを買い、ホテルで少し割高のビールを買い、

部屋で楽します。

 

最初に少し道に迷いましたが、そこそこスムーズにいった一日だと思います。

満足な気持ちで眠れました。