FAE83F5B-A756-4294-AF86-A96FA7E7181E

留学中はフランスのパリにも旅行に行きました。

 

その旅行記も今後、展開していこうと思いますが、
今回はフランス旅行でパラブーツを買った話をしようと思います。

 

パリに行ったら、パラブーツを買う。

 

これは、フランスに行く前から考えていたわけです。

というのも、もともとパラブーツは欲しいと思っていて、日本にいるときにも買おうか何度も悩んだ経験があります。

 

しかし、そのときは、結局買いませんでした。

何故かという、値段が自分にはキツイ。。。

サイトなどによって値段にバラつきがあるのですが、7万円近くしたりします。
※モデルによって値段も違います。

 

革靴なので、手入れ次第では、長く履けるものだと思うのですが、それでも高い。

ということで、今までは見送っていたわけです。

 

そして、今回のイギリス留学、そしてフランス旅行。

 

フランス旅行の目的自体は、美術館巡りや、パリの街並みを歩いてみたいってことだったのですが、ハッと気づいたわけです!

 

パラブーツはフランスのブランドなので、現地なら安く買えるのでは?

 

それに、その国でそのブランドを買うという体験も中々魅力的に感じますね。

実際に、ネットで調べてみると、パリでパラブーツを買った人の体験記はいくつもあり、
確かに日本で買うよりは安く買えるようでした。

 

ということで、パリ旅行の目的としてパラブーツも加わったというわけです。

お店の場所も目的地の一つであるルーブル美術館に近かったりしたので。

パラブーツはどこで買えるのか


タイトルなし
Boutique Paraboot Paris Saint-Honoré
304 Rue Saint-Honoré, 75001 Paris, フランス


売っている場所はいくつかあるようなのですが、
私は上記のお店に行くことにしました。 


ついにパラブーツのお店へ


パリ旅行の3日目、ついにパラブーツのお店へ向かいます。

思ったよりも、小さなお店で、アットホームな感じ。

 

ドアマンがいるわけでもないですし、
店員さんがパリッとしたスーツを着ているわけでもありません。

 

すごくカジュアルな格好の女性の店員さんが2名いました。

私の他にお客さんはいません。

ちなみに、店員さんは当然パラブーツを履いていたのですが、味がでていてカッコよかった。
靴のモデルはわかりませんでしたが。。。

 

「ボ、ボンジュール」店に入ると店員さんに挨拶をします。
(ちなみに、言えるフランス語は「ボンジュール」「メルシー」だけです。)

 

「ボンジュール!」店員さんにも流暢な発音で言ってくれます(当たり前)。

 

そして、小さな店内を散策、お目当ての靴はすぐに見つかりました。

しかし、値段は確認できない。

 

「手に取ってみてもいい?」英語で店員さんに確認を取ります。

「もちろん」店員さんは笑顔で返事をしてくれます。

 

そして、お目当ての靴を手に取ってみます。

やはりカッコいい。しかし、値段はいくらなのか。

 

何気なく靴を裏返してみると、そこには値段が記載されたシールが貼ってありました。

そして、思ったのです。

 

想定していたより高い。。。

 

私が見ていた人のブログの購入金額より結構高かったわけです。

それもそのはずで、少し古いブログだったので、値段も上がったというわけでしょう。

 

少しくらいは値段も上がると思っていましたが、思っていたよりも上がっていたわけです。

考えます。どうするべきか。。。

 

とりあえず保留しよう。

一旦店を出て、美術館なり街巡りをしながら、考えることにしたのでした。

つづく