florencia-viadana-744471-unsplash

先日、卒論(修論)の結果が発表されました!

 

9月の上旬が卒論の締め切りだったのですが、その結果が発表されたのが10月末。

それまでの期間は結構落ち着かなかったです。

 

「卒論のあの部分大丈夫だったろうか」
「もっと違うアプローチにした方がよかったかもしれない」などなど色々考えていました。

 

帰国後の就職活動でも、履歴書には「修了見込み」と記載しており、
面接の方に「卒業はできるんだよね?」と訊かれ、
「卒論の結果がまだ出ていませんが、おそらく卒業できると思います」と答えたりしてました。
その度に、これで卒業できなかったら悲しいなぁとか思ったりもしたのでした。

 

そんな日もついに終わったわけです。

 

大学よりメールが届き、修士論文の結果が開示しました、と記載。

かなりの緊張・若干手が震えつつ自分の学生ページを覗いて見ると、
そこに結果が表示されていたわけです。

 

無事、合格点を取ることができました!

うれしいというより、すごくホッとしました。

 

私の場合、卒論以外の他の科目も全て合格点を取っているので、

この瞬間、大学院卒業が決まったわけです。

 

帰国してから2カ月ほど経っていますが、これで自分の大学院が本当に終わった気がします。

 

ただ、卒業式が来年の1月にあるので、これにも出席したいと思っているのですが、
これはその時の自分の環境によるのでしょう。

 

働いていたとしたら、会社は休めるのだろうか。。。