0DE328C4-7F77-4F09-B6D4-7A91BCAC5EF3

バスキア展の帰りに知ったこの展示会。

 

とにかくポスターのインパクトが強く、かなり興味は惹かれました。

ただ、この日は疲れていたので帰ることに。

 

そして、帰宅後にネット調べてみると、かなり評判も高いようで、

しかも展示期間も終わりに差し迫っているとのこと。

 

これは行くしかないということで後日、行ったのでした。

 

 

会場から入場

会場は前回と同じ森美術館です。

チケットは事前購入していませんでしたが、
そこまで並ぶことはないだろうと思っていたわけです。


というのも、先日バスキア展に行った際に、
こちらの展示はそこまでの列ができていなかったので。

 

しかし、会場に近づくにつれて嫌な予感がします。

 

遠目でもかなりの人がいることがわかります。

これはバスキア展の列だろうか?

 

不安になりながら進んでいくと、悲しいかな「魂がふるえる」展の列と判明。

そこから約1時間、チケットを購入するまで待ちました。

 

やはりコンビニで事前に買っておくべきでした。

前回の反省がいきていない。。。

 

そして、いざ展示会へ。

 

展示会について

とにかく、すごい圧巻です!

とにかく視覚的なインパクトがあります。写真もOKなので、
かなりの人が写真を撮っていましたね。

 

もちろん、自分も撮りまくります。

 

EAD17666-6B90-4A56-B04F-601056CA7F97

入場してすぐに展示されているのが、この作品です!

ポスターや紹介画像でもよくつかわれている気がします。

 


8CB45F27-CD1B-4E79-92C5-E0413A050F40

各作品には、塩田千春さんのコメントも壁に記載されています。

 

この他にも、絵画や映像作品、写真など盛りだくさんの内容となっていました。

 



05DAF15B-0755-47E9-B959-EA1E2ACD3FFD

このトランクケースが吊るされているのもすごかったなぁ。

 

とにかく写真映えしそうな作品も多くて、そういう面でも楽しめますね。

ただ、すごい人でしたが。

 

全体を観終わるのは約1時間くらいでした。

 

充実して、不思議な感覚を体験できた展示だったと思います!