461BF6DB-9C8C-46B2-9796-3D552BF7C33F

先日、週末に三菱一号美術館へ「印象はからその先へー」を観に行ってきました。

三菱一号美術館に行ったのはこれが初めて。

 

印象派の作品が好きなので、楽しめると思ったわけです。


美術館まで

CED353FA-0B0E-475D-8CBC-3287E312D6E7

場所は東京駅から歩いてすぐなので、スムーズに到着できました。

ただし、東京駅自体が大きく、道に迷う可能性が高いので、

どこの出口からでるのが一番適切か、地図やホームページをみて確認しておくといいと思います。

 

会場の様子・雰囲気

天気は雨だったのですが、週末の午後という時間帯で、そこそこの込み具合でした。

チケットは少し(前に23組程度並んでいる)並べば買えますし、

館内はある程度自由に動けます。

 

もちろん、人気作(ゴッホやピカソ、ルノワール)の前には、常に人がいる感じで、
少し混んでいます。でも、比較的、静かに、のんびりできる環境だと思います。

 

また、基本的に写真はNGなので、人の流れはスムーズです。

 

私も結構長い間、滞在したように感じます。

 

展示の印象としては、画家ごとに区切ってあるので、すごく見やすいです!

017896E6-1F6C-4E63-BDB0-A697229FAC26

また、入り口にはこのような資料も置いてあるので、
西洋近代美術史のおおまかな流れもわかったりします!これはすごく勉強になりました。

 

そして、数ある作品の中で、個人的に一番好きな空間はシャガールの作品スペースでした。

 

多くの美術館に行ったことがあるわけではないですし、詳しいわけではないのですが、

シャガールの作品がこんなに集まってる空間は初めてです!

 

また、音声解説も充実していて、解説を通して好きになった作品もあり、

最後のお土産コーナーではシャガールの作品のポストカードも買ってしまいました。

 

色々な印象派の画家の方々の作品が展示してあるので、
この展示会を通してお気に入りの印象派の画家ができるかもしれませんね。

 

私も全く知らなかったけれど、この展示会を通して気になった画家の方々も何名かいらっしゃいました。

 

とまぁ、充実した楽しい美術館体験ができたわけです。

 

お土産コーナーも充実してますし、建物自体も魅力的。

そして、そこまで人は多くなさそう(恐らく)。。。

 

ということで、かなりお勧めの展示会です!